生きていること、死んでいること。

ふと考えた。この文章を読んでいるあなたは今生きている。では死んでいるとはなんでしょう?そりゃ常識的には体が生命を維持出来なくなった時が死んだ時なのでしょうが、ところがどっこい、脳死があります。脳死は脳が機能を停止した時のことを言うんでしょうか。ならば死んでいると言うことは、なんなのでしょうか、仮に、「その人」の人格がなくなることが死なのなら、記憶喪失も、また、一種の死なのでしょうか。こうなってくると、もはや生きていることと死んでいることは、遠目から見ればはっきりとしている境界線も、近づくにつれ複雑な形を描いてきます。もはや、僕の思考に負えるものではなくなってきました。ここからが本題?病気の人に、「生きていて欲しい」と思う親族の気持ちは高いでしょう。(偏見だと思われる)ですが、果たして、人間ではない何かになってまで、「生きていて欲しい」でしょうか。これは僕の意見ですが、僕のような若輩者ですら手に負えない、幻のような生と死の狭間に、生と死のちょうどいいところに、落とし込んでいる感じに思えます。生と死の境界線がはっきりしない今こそ、はっきりと死を選ぶという選択があっても良いのではないのでしょうか。

ーー以上、ロクベエの頭の中でした。誰かわかりやすくこの疑問に答を出してくだせえ。

 

俺、視聴中!

ということで電王視聴中。キックするのはロッドフォームのみ?

仮面ライダーWの続編も楽しそうだけど電王もなんか作って下さいー(泣)

俺はかーなーり!

いやー私事ながら仮面ライダー電王にはまり直してしまい(^-^)小さいころを思い出しました。ムロツヨシさん出てて大笑い!でも一番は仮面ライダーゼロノス!忘れられてしまう哀しきライダー………カッコエエ!!デネブとの掛け合いも凄い好き!是非みなさんも見直してみては?

あるものが漏れた

そう、赤ペンのインクが漏れる。これは地味にきつい。書いててふと手を見ると赤インクついてんだもの。手が安っぽいゲームの血みたいになって……まー大変でした。

気が向いたら、今日、また書くかも。

お久しぶり

どもどもお久しぶりです。

あまりに書くことがなさすぎて。

最近思ったこと

物を拾ってあげようとした僕に女性が

一言。「イケメンに拾ってほしかった。」…ほーう僕はブサイクの人生の負け組だと、そーゆーことか。だいたいイケメンがそこいらにいるわけないよ。

だいたいジャニーズか芸能人だよ。

そーじゃなくてもテレビに出るでしょ。

菅田将暉とかそんな簡単に転がってないよ。今ある物(者)に感謝しなよと思う今日この頃。